カテゴリ:未分類( 1 )

食事制限(食事療法ともいいますね)をはじめてみたけど、飢餓感に参ってしまって中止してしまった経験誰にでもあります。そんな中、人気なのが酵素ダイエットです。



食事を我慢しても空腹感に苦しめられる度合いが減るからです。沢山の栄養素を含んだ酵素ドリンクを減量中に飲むことにより空腹感が和らぎます。炭酸や豆乳、お湯と混ぜることでさらに飢餓感が薄れます。酵素ダイエットの人気は根強くつづいているのですが、特に女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)、そして比較的若い年齢層の間で人気は高いです。

理由は、やり方が簡単で理屈もわかりやすく、しかも良い結果を出しやすいからのようです。



単独でも人気のある「プチ断食」と組み合わせて酵素ジュースを摂取するやり方にすると、断食の辛さも紛れますし、摂取カロリーが減った分や、体内の不要物が排出された分、体重は確実に減らせるはずです。

しかし、せっかく酵素ダイエットで減量できても、バウンドがきて体重を増やし、さらに酵素ダイエットを繰り返したりしていくと、そのうちに、徐々にやせにくい体質へと変化していく場合があるようなので注意するべきです。時間をかけずに、すぐにやせる必要がある、といったような特殊な目標を設定して酵素ダイエットを行なう場合にとる方法ですが、ダイエット期間を一週間ほど確保して、集中的に行ない、目標体重に達していなくても終わらせます。グズグズつづけるのは身体への負担が大きいです。朝昼晩のどこか一食を酵素ジュースで代用する「置き換えダイエット」を基本としますが、もう少し難度をあげて、可能ならば二食を酵素ドリンクの摂取で置き換えます。これで、摂取カロリーがぐんと減りますし、便秘やむくみの改善も期待できますので、体重は簡単に減るでしょう。


ただ、短期間での減量になるのですので、リバウンド(例えば、アトピーなどで薬を止めたことにより、薬を服用する前よりも症状が悪化したケースをこう表現します)しやすいですから気を付けておくべきです。酵素ダイエットを半日しか実行しない場合は、起きぬけに酵素ドリンクを飲んで、昼食と夕食は通常の食事にして継続指せます。
朝食を置き換えるすることで空腹時間が長くなるので、三日坊主にならなくてすみそうです。

あるいは、カロリーオーバーにならないようにと夕食を置き換えダイエットするというケースもあります。ただ、好きな食事をする場合でも、暴飲暴食が許される理由ではなく、節制することでより効果的な結果が得られるはずです。事情により、短期間で急に体重を落としてしまいたい、という人にも、適した方法が、酵素ダイエットには用意されています。一日24時間、固形物をおなかに入れないで、酵素ドリンクのみで過ごすプチ断食と呼ばれるやり方だと、摂取カロリーがまず減ります。

そして身体の代謝機能が上がり、余計な老廃物が排出されるはたらきが強化され、便秘は改善されますので、体重が減るのは当然として、おなか周りが見た目にもすっきりと感じられるでしょう。プチ断食を辛く感じてしまうなら、豆乳や炭酸水を飲んでみるのも悪くない方法と言えます。


酵素を摂取するために売っている物の中には、簡単には飲めない味のものあります。


酵素でのダイエットをあきらめずにつづけるためには、いやだと思う味ではない方が、いいです。

ところが、どちらか一方をというと、多くの場合、まずい方が効果が有ると実感します。


まずいのは味わいの調整をしていないということなので、本当の酵素の味だといえるでしょう。

誰でも気軽に行える酵素ダイエットですが、アレルギーがある人の場合は、利用する酵素ドリンク、または酵素サプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。


)の原材料についてアレルギーの原因になる食材が混ざっていないか、しっかり確かめるようにします。使用されている食材の種類は、相当の数に上のぼりますので、気を付けて頂戴。


そのようにして、アレルギー物質は念入りに避け安全性に確信をもてるものを使い、酵素ダイエットを試してみては如何でしょう。酵素摂取を開始、持続指せた結果体質に変化が見られ、アレルギー症状が出にくくなっ立という例も見られるそうです。

酵素というのは、食べたものの消化活動や代謝促進に深い関係をもつタンパク質のひとつで、酵素が十分でなくなると脂肪が分解されずに溜まりやすくなり、肥満しやすく中々痩せない体質になってしまいます。
また、アサイーはミラクルフルーツとも言われていて、必須アミノ酸や食物繊維、ポリフェノールなどの有効成分を大量に含んでいます。

独特の味なので飲みづらいという方もいますが、飲みにくさを少なくしたものもあります。

生理の前に酵素ダイエットに挑戦することは出来れば止めた方がいいでしょう。
生理前の期間は、体重が落ちにくいといわれていますし、精神的に安定しない期間です。


日常に酵素をプラスすることは問題ないのですが、置き換えダイエットとして、酵素ドリンクを食事とすることなどは、辞めておくべきでしょう。
頑張って継続指せても思うように体重が落ちなかったり、リバウンド(例えば、アトピーなどで薬を止めたことにより、薬を服用する前よりも症状が悪化したケースをこう表現します)する可能性があります。



酵素ドリンクの中でも、マジョールのファスファスが人気急上昇中です。


水も砂糖も使わずに創られているのがマジョールのファスファスなのです。
60種類の野菜、果物から創られた発酵ドリンクになるのです。
それに、アロエベラや根菜も惜しみなく入り、腸まで届き、キレイにし、健康・美容維持が難しくなくなります。
ダイエットはしたいけど健康に悪いとお思いの方やつるつるすべすべの理想の肌を手に入れたい方にいいでしょう。

そして、便秘とはおさらばしてホルモンバランスを整え、女子力(最近流行している言葉ですが、具体的な意味をきかれると答えられない人も多いかもしれません)アップもできるでしょう。

[PR]
by l9kjnde | 2016-08-15 14:33